高額な戒名を格安で授与

おすすめ

戒名の相場は高い!

戒名の相場は、どれくらいかご存じですか?地域やお寺、宗派によってちがいますが・・・30万〜100万円まで幅があります。ビックリしませんか?いくら故人のためとはいえこの金額では残された家族も大変ですよね。そこでもっと手頃なお布施で戒名を授与していただけるお坊さんを紹介します。これで故人もご家族も安心

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

戒名あれこれ

"夫の父が亡くなった時の事です、夫の菩提寺は東京都内にあり夫の祖父は檀家として過大な寄付をお寺さんに差し上げたと聞いております、現にお寺の中には夫の名字の入ったいろいろな品物があり水汲み桶にも名前が入っています。それほど貢献したのですが祖父の息子すなわち夫の父の戒名は普通のものでした、金額的にも言われた額を出したのですがそれでもごく普通のものでした。これには親族が失望と怒りの反応を示しました、ですがお寺さんには誰も言う事が出来ずに終わりました。
次に夫の母が亡くなりました、前回の事があるのでそれなりの戒名代を差し上げました、思ったとおりの普通の戒名を頂きそれ
でよかったと思っています。親族は夫の父の前例があるのでそうしたと思いますがお寺さんも額を指定するのはなかなか営業的だなと私は思ったものです。戒名は生きている時にはわかりませんよね、亡くなってから頂くのですから。それなら生きているうちに付けて頂いたらどうなのでしょうか?縁起でもないと言われそうですがなじみの無い戒名ではあの世で覚えきれません。
自分に合った花や好きなものの名前が付いていると嬉しいと思うのですがどうでしょうね。
私には高いお金を差し上げる戒名は要りません、残された親族がたまに思い出してくれると嬉しいと思いますがそれ以上は望みません。夫は父親の戒名の失望感から「戒名なんていらない」と言っていますがその時になったらわかりませんね、まだまだ
長生きをして欲しいものです。"

宗派によって家の格によって様々?

"我が家の母が逝ったのが3年前、母が生前から入っていた互助会で葬儀をしました。
お坊さんは、母が用意していた墓地のある都内のお寺の住職に連絡して、来ていただきました。
禅宗のお寺で、葬儀はあまり派手ではありません。
なにしろ母が初めての経験ですから、一から十まで、葬儀社の方に相談しましたし、助言をもらいながら住職にもいろいろと聞いて進めました。
「なにしろ初めてでお教えください」と言えば、いやとは言いませんから。
宗派によって戒名はいろいろのようで、本来は生前に授けられる仏名らしいのですが、大抵は亡くなってからのことが多く、仏弟子として浄土に往生することを現すもののようです。
戒名には位があり、よく耳にするのが「長い位の高い戒名は高い」ということ。
法要に出てくれた親族の間でも、亡き人たちの戒名の話しになり、中には「何百万円も払った」親族もいたのですが、長かったそうです、戒名が。
長い位の高い戒名は、信仰の深さや、社会・菩提寺への貢献度が加味されたもののようで、多くの供養料は高い貢献と同じと言うことでしょうか。
ともかく、母の場合は極普通のものにしてもらいましたが、戒名というのは「生前のその人らしい名」を考えるもので、名前の1字を取ったりします。
母は珍しい名で、戒名には入れにくく、春3月に生まれて3月に逝ったので、『春』の字を入れてくださいました。
この戒名を考えるのも、檀家の寺の住職の大切なお仕事で、知識も必要でょうね。
遺族も納得の戒名を考えるのには、センスもないといけないでしょうし…。
"

戒名とはそもそも何であったか

"そもそも、戒名とは何であろうか。
一般に戒名は葬式のときに亡くなった人に付ける形式的な名前と捉えられており、戒名をつける際には、僧侶に渡す戒名料によって、その字数やランクが決められている。
例えば、最もランクが高いものは院殿号と呼ばれるもので、○○院殿○○大居士という形のもの。戒名料は数百万にもなる。身近な所では吉田茂の戒名が「叡光院殿徹誉明徳素匯大居士」というものであったりする。
では、戒名とは元々、そのように亡くなった人に対して買い与えるレッテルであったかといえば、そうではない。
原義的には、戒名は仏教において仏門に入り、出家したあかしとしてつけられる名前である。
俗世の時の名前を捨て、修行に入るときのけじめとして与えられものであるのだ。
修行をし、解脱のあと仏となるはずが、現代では死後は誰でも「成仏」するという風習が広まった為に、修行を経ていない俗世の人々でも死後の名として戒名を付ける風習がうまれたのである。
無論、これらは全て仏教と、また現代日本に広まった習慣として仏教観によるものなので、人々の信仰に合わせて、必ずしも死者に戒名を付ける事が求められている訳ではない。
戒名料の相場が、一番ランクが低い「信男・信女」であっても数十万することから、世になんの影響力もなかった人が亡くなってもこれだけの金銭を払ってまで見栄えのいい名前をつけるかどうかというのは、例え仏式の葬式を行っていたとしても悩む所であろう。
核家族化が進み、親戚とのつながりも薄くなっている現代ならなおさら、そのように考え戒名というものを必要としない家族が出て来てもおかしいことではないのである。"

戒名の必要性が薄れる時代

"一年前に父方の祖母が亡くなって、先日がちょうど一周忌でした。祖母の妹である大叔母が墓参りに来ると言うことで、父と一緒に墓参りの掃除をしたのですが、墓石に掘られていた戒名を思い出したのでこのことを書いてみようかと思います。
私は三十代ですが、正直言って戒名の必要性は理解できていません。ただお寺のお坊さんがつける、ちょっと割高な有難い名前というくらいにしか認識していないのです。
これが私の父の代になると少し違っています。父は六十代ですが戒名の必要性や有難味が分かっているのかと言えば、それは疑問符がつくことになります。というのも分かっているのであれば、その意義を滔々と子の世代に教えるはずなのです。これは私の推察に過ぎないのですが、父の世代は戒名の役割や必要性自体は親の代を見ているはずですから認識はしていると思います。ただそれが自分たちの世代にとっては余り良い印象を持たない事柄だったのではないかと思うのです。父と同世代の人たちを見ても、戒名の有難味を完全に把握している人は少ないように思います。
一方、祖母の世代である人たちは、戒名というものに殊更の感情を抱いているようです。大伯母が祖母の墓参りをした時、頻りに姉である祖母と祖父の戒名を父に尋ねていました。そしてその名前を何度も繰り返し口にしていたのが印象的でした。
祖母の世代にとって戒名とはあの世の名前で、現生からこの名を呼べば死者と繋がりが持てる、そんな役割があるのかもしれません。事実、大叔母は祖母の墓に手を合わせた時、まるで祖母がその場にいるかのように墓に語りかけ、お経を唱えていたのです。
私が思うに、世代によっての死生観が異なるにつれて戒名はその本来の意義が失われ、形骸化しつつあるように思います。同時にその有難味の価値観の継承が途絶えてしまい、その存在が薄れつつあるのだとも思うのです。"

両親の戒名について

"最初に母親が他界しました。
この時は父親が施主となり、実務は自分が処理しました。
お坊さんへの諸費用の支払いも私がしました。
その時に、戒名についての請求もありました。
正確な金額は忘れましたけれど、20万円前後の請求だったと思います。
「院」の文字が入ると、戒名代は高額になり、なおかつ1文字いくらの世界だったと思います。
母は9文字でした。
このことに関して、お坊さんと「院」を入れて下さいとか、文字数は何文字で予算はいくら等と会話をした覚えはありません。お坊さんが葬儀全体の規模から判断して、金額を請求して来るものだと受け止めていました。
よって、支払いの明細に「戒名代」と書かれていたかどうかも記憶にありません。
父親の時は家族葬でした。
お坊さんは一人でお経をあげてもらったと思います。
父の戒名は10 文字で「院」の文字も入っています。
支払ったのはお経を含めて30万円だったと思います。
この時、葬儀社の方が曰くには、家族葬にして葬儀代は安くなりますが、お坊さんに支払う予算はどうにもならないのですよ、と聞かされた記憶があります。
戒名に関する抵抗も、その意味するところの善し悪しの判断も特に持たず、ただお坊さんの指示に従って、とり行ってもらい「葬儀」と言う儀式がつつがなく終えることができたと考えていました。
時折、何かの時に「戒名」について、話題になり、ある人曰くには生前から自分で「戒名」を考える人がいるのだそうです。
この考えには大賛成です。
近々、「戒名」についてもう少し深く考えてみるつもりです。"

やっぱり喪服かな

"先日、身内が亡くなり、お通夜とお葬式に行ってきました。

変な話ですが、亡くなる数日前には「そろそろかも」という連絡があって、事前に喪服と必要なものを準備しておくように言われました。

本来、お通夜というのは亡くなってすぐという場合が多いはずなんですが、今は病院から「心の準備を…」なんて言われたりして、家族もその周りの人たちも表立ってではないですが準備を始めるんですよね。
なので、たいていの場合はお通夜も喪服で参列ということになるという…(苦笑)

実際、多くの人が喪服を着ての参列でしたが、中には色こそ地味ですが喪服ではない人も何人かいました。
喪服なんてそうそう着る機会があるわけではないですし、サイズ的なことも女性などはあったりして準備が間に合わないというケースがありますよね。

疑問に思ってネットで調べてみましたが、やはりお通夜は喪服ではなくても大丈夫とのことでした。

まぁ、喪服を着ていけば、間違いはないというのも十分承知しているので、いつ必要になってもいいようにきちんとクリーニングだけはしておこうと思っていますが…。

女性の場合はアクセサリーなんかも気をつけなくちゃいけませんよね。
外せるものは外しておくのはいくらお通夜と言えども、マナーとしてはどうなのかなって思います。

お通夜は喪服でなくても良いとは言いますが、決して普段着でいいわけではないので、地味な服装でも素材感などは大事なのではないでしょうか。
そうすると、やっぱりお通夜であっても喪服なんでしょうね…。"

お通夜へ参列するときの服装

"お通夜へ参列するときの服装と言えば
やはり男性であれば礼服に黒ネクタイ、黒の靴下、ハンカチが基本だと思います。
そして忘れてはならないのはお数珠です。

黒の礼服も夏用と冬用があるのですが、最近は葬祭場も冷暖房完備なので、
通年冬用のものを使うという人も増えてきているようです。

冷房が効きすぎて寒いということもあるそうですから。

お数珠は、たいがいのお通夜ではいるものですが
神式やキリスト教形式ではもっていかないほうがいいでしょう。

ハンカチは派手なものではないものがいいと思います。
たまに、男性でも派手な色のハンカチを使っておられる人もいますが、
注意が必要です。

女性であれば、若い女性の方であれば黒のワンピース型の喪服を
着ておられる方も多いと思います。

着丈は膝が隠れる長さがいいと思います。
黒のストッキングを着用しましょう。
たまに、金の柄が入ったストッキングをはいてこられる方もおいでますが
控えたほうがよいでしょう。

また、ツーピースの喪服を着用される場合でも
膝を出さないようなものを着用しましょう。

夏であれば肩は出さないような服装が良いと思います。
肩を出すのは仏様や神様に失礼に当たるのでやめましょう。

真珠のネックレスなどを使用しますが
2重になっているものは使用を避けましょう。
悪いことが2度重なるという意味になってしまいあまり好まれません。

また、指輪は結婚指輪や真珠の指輪以外は華美になるので
喪服にはふさわしくありません。

女性であればカバンも持ち歩くと思いますが、
カバンも黒のカバンを使用しましょう。
あまり華美なものはよくないです。

化粧も色味の派手なものは使用せず
ファンデーションのみというのが一番無難だと思います。

男性女性にかかわらず派手な色のものは控えましょう。
"

喪服です

"基本お通夜は「喪服」で行きます。

女性ですので、ジャケットスーツ(スカート)着用。
黒いストッキングに、黒のパンプス、黒の布製葬祭用バッグ(革製品は葬儀にはあまり似つかわしくない、ちょっとダメとも聞きましたので)
それに、白いハンカチと お数珠を持って。
お香典も袱紗(ふくさ)に入れて持参します。
ハンカチは以外に目立つので、白黒などの葬祭用を専用に準備しておくのもいいとおもいます。

化粧はふだんより地味目にします。口紅の色もベージュに近い方を選んで。
アイメイクも極力控えめに。「めだたない」のがポイントだと思いますから、その時間は。

イヤリング、ネックレスもしますが、一連の白パールか、黒パール。
イヤリングも同じです。

指輪は既婚女性なら結婚指輪のみがベスト。
未婚女性なら付けない方が無難かもしれませんが、付けるにしても
極力小振りな目立たないものにした方が良いとおもいます。

髪型もあっさりと。少し長めの女性は軽く束ねるほうが良いかと思います。

香水系は、案外つけすぎて匂いがキツい人もいますが、お通夜の席ではすぐ隣に人が座るのでかすかに、で良いのです。
ひざの裏にわずかに、で十分なです。

節度を守ることも大事ですが
お通夜は 亡くなった方を想うもの。
そして残された方々を慰め、いたわるものだという事を一番にして
お悔やみの言葉を言います。
自分がたくさん語りかけるよりも、
喪主側のかたの話す(話したい気持ちがあれば)
聞いて来る、そんな気持ちで故人を忍ぶのがよいかと思われます。"

お通夜も礼服着ています

"お通夜は、平服で良いと言われています。
派手でなければ、礼服でなくては良いと聞くものの、実際のお通夜の会場では、ほとんどの人が礼服を着ています。

最近、参列したお通夜は会社関係の式が多かったです。
女性の場合、会社帰りなのか事務服で参列されていた人も見かけました。
私は、平服でも良いと言われても、何を着たら良いのか悩むので、無難に礼服を着るようにしています。

以前、夏のお通夜のときに、同席する他の女性と話して、礼服の上着を着ずにワンピースのみで参加したことがあります。
暑い季節ということと、通夜なので良いかと思ってしまったのです。
しかし、私たち以外の女性参列者は皆、長そでの上着を着用していたので、なんだか気恥ずかしい気持ちになりました。
それがマナー違反なのかどうかは、今でもわかりません。
ですが、それ以降は、通夜でもワンピースの上に上着を着用するようになりました。

昔と違って、今はお通夜も葬儀会場で行われることが多くなりました。
自宅でのお通夜なら、地味な平服でよいと思いますが、葬儀会場となると違うようです。
これも時代の変化というものなのでしょうか。

多くの場合、通夜と葬儀の両方に参列されると思います。
主婦目線で言ってしまうと、礼服のクリーニング代は、他の衣類と比べて高額です。
一度着ただけで洗濯に出すことを思うと、通夜と合わせて2度着てもらったほうが、洗いがいがあります。

通夜も葬儀と同様、礼服を着て参列するのが、私の周りでは普通になっているようです。

"

畏まりすぎない服装で参列します

"お通夜は、親族でない限り、お葬式と違いフォーマルな喪服というよりは、地味な黒い服装で参列することが多いです。
仕事帰りに寄ることも多くなりますので、黒のブラウスに黒のスカート、冬であれば黒のタートルネックに黒いパンツといった服装です。
場合によっては、黒っぽいグレーなども着ることがあります。
ただし、光るアクセサリー類はかならず式場へ着く前には外しておきます。
夫の場合は、やはり仕事帰りが多いですので、ダークスーツでネクタイだけ式場に入る前に黒いものに取り換えます。
以前は喪章をつけることが礼儀とされていましたが、現代ではほとんどの方がダークスーツに黒ネクタイや地味目のネクタイで参列されています。
若い年齢層の方は、黒い服ですらなく、あまりお通夜だからといって着るものへこだわらないかたも多くみかけるようになりました。
親族の場合は、お通夜であってもフォーマルな喪服スタイルで参列することが多いです。
これも、どれだけ近しいか、遠縁なのかでかわってきます。
夫のようにある程度の年齢だとブラックフォーマルを持っているので、礼服で参列します。
息子などの若い年齢層だとブラックフォーマルを持っていないので、学生時代は制服で、今は黒いリクルートスーツで参列しています。
また、参列する側ではなく、葬儀を執り行う側の立場であれば、お通夜でも和服の喪服を着て、参列してくださる方々を迎えます。
昨年我が家も父の葬儀を行いましたので、フォーマルを持っていない息子もブラックフォーマルの貸衣装を借りました。
ただお通夜は一晩中続きますので、通夜の儀式が一通り終わったら、楽にできる黒い洋服に着替えます。"

最新のエントリー一覧

戒名とはそもそも何であったか
"そもそも、戒名とは何であろうか。 一般に戒名は葬式のときに亡くなった人に付ける...

戒名の必要性が薄れる時代
"一年前に父方の祖母が亡くなって、先日がちょうど一周忌でした。祖母の妹である大叔...

両親の戒名について
"最初に母親が他界しました。 この時は父親が施主となり、実務は自分が処理しました...